不動産購入・売却のお役立ち記事・ブログ
050-5264-0896
面談予約
>マンションの購入において頭金はどのくらい必要ですか

マンションの購入において頭金はどのくらい必要ですか

購入2019.11.20

質問内容


マンションを購入したいのですが、頭金をどれくらい用意するのがいいのでしょうか。親からは2割は用意すべきと言われていますが、購入したいマンションが3,000万円なので、600万円用意する必要があります。正直なところ用意するのはしんどいです。また、用意できたとしても、その後の生活や子供の将来のために、貯金はいくらか残しておきたいです。実際のところ、頭金はどのくらい用意しておくのがいいのでしょうか。


回答

 

昔はマンションの購入には頭金を2割用意しなければなりませんでした。それは、頭金を2割用意しないと銀行からの融資を受けられなかったからです。しかし今は、頭金なしで借りられる住宅ローンが増えています

もちろん、頭金を用意したほうが借入額は下がります。借入額が下がるということは、最終的に支払う利息金も少なくて済みますし、月々の返済負担も減ります。

後々のことを考えたら頭金はあるに越したことはありません。しかし、手元にお金を残すということも大切です。家族に何かあった時、現金がないとしんどいでしょう。

だいたい、会社員の方であれば月収3~6カ月分、自営業の方であれば1年分手元にあると安心です。

そのくらいは残した上で、余裕がある分をマンションの頭金にまわすのがいいでしょう。

実際にどれくらい借り入れたらいいか分からない、頭金をどれくらい用意したら、月々の返済負担がどれくらいになるか知りたい、という方はお気軽にお問い合わせください。

不動産の購入に関する疑問やお悩みをお気軽にご相談ください
ホンネの不動産相談所は、不動産業界で業務経験をしたことのあるプロのアドバイザーが中立・公正な立場からお客様の相談をうけ、不動産に関するアドバイス、コンサルティングサポートを行うサービスです。電話・メールでのご相談は無料で承っております。
ご相談・お問い合わせはこちら
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.