不動産購入・売却のお役立ち記事・ブログ
050-5264-0896
面談予約
>夫婦の共同名義でマンションを購入しようかと思っていますが何かメリットやデメリットはありますか。

夫婦の共同名義でマンションを購入しようかと思っていますが何かメリットやデメリットはありますか。

2019.11.30

質問内容


夫婦共働きで、それぞれの資産を持ちたいということで、共同名義でマンションを購入しようかと思っています。共同名義でマンションを購入する場合、何かメリットやデメリットはあるのでしょうか。また、何か気をつけておいたほうがいいことはあるのでしょうか。


回答


マンションを購入する際には、1人の人が名義人となる単独名義と、2人が名義人になる共同名義があります。共同名義でマンションを購入するメリットとしては、


  • 住宅ローン控除をそれぞれが受けられる
  • 相続税対策になる


といったことが挙げられます。

住宅ローン控除とは、住宅ローンの年末残高の1%が10年間減税されるという制度で、所得税と住民税が減税されます。単独名義で購入した場合、名義人しか住宅ローン控除を受けることができませんが、共同名義で購入した場合、それぞれが住宅ローン控除を受けられるので、税金対策になります。共働きでお互いに収入がある場合は大きなメリットになるでしょう。

また、どちらかが亡くなり相続が発生した場合、単独名義だとマンション丸々が遺産となるため、遺産の金額が大きくなりやすく、相続税も高くなりやすいです。しかし共同名義であれば、持ち分だけ遺産となるので、単独名義と比べて遺産の金額が低くなり、その分相続税も安く抑えることができます。


共同名義で購入するデメリットとしては、


  • 売却がしにくくなる
  • 相続が発生した際、相続人が多いと複雑になりやすい


といったことが挙げられます。

もし共同名義で購入した場合、マンションを売却したくなった時に両者の合意が必要になります。夫婦で引っ越す場合はいいですが、離婚をした場合に問題になりやすいです。どちらか売却したい、しかしもう1人が住み続けたい、と主張した場合、話がまとまらず売却することはできません。売却できないとなると、ローンを組んでいた場合はローンを払い続けなければなりません。お互いに引っ越して売却しよう、と話がまとまればいいですが、そうでない場合は揉めることになる可能性が高いです。

また、名義人が亡くなって相続が発生するとします。単独名義であれば、相続人同士で話し合って遺産であるマンションを誰かがもらうか、売却して利益を分配するか決めることができますが、共同名義で相続人も複数人いる場合、共有者が増えていき、管理が大変になる可能性があります。共有者が増えると、それぞれの意向が合わないとトラブルの原因にもなるので、相続人が多い場合は共同名義で購入することはデメリットとなるでしょう。


共同名義で購入する際の注意点としては、不動産登記をする際にきちんと出資した金額の割合で登記をするということです。例えば3,000万円のマンションを共同名義で購入し、それぞれ1,500万円ずつ出資したとして登記するとします。しかし実際は、旦那さんのお金で購入していて、名義だけ共同名義にするような場合、旦那さんから奥さんに1,500万円の贈与があったとして、贈与税が発生する可能性があります。贈与税が発生してもいいのであれば問題ないですが、知らずに共同名義にしてしまった場合、後から贈与税を請求される可能性があるので注意しましょう。

不動産の購入に関する疑問やお悩みをお気軽にご相談ください
ホンネの不動産相談所は、不動産業界で業務経験をしたことのあるプロのアドバイザーが中立・公正な立場からお客様の相談をうけ、不動産に関するアドバイス、コンサルティングサポートを行うサービスです。電話・メールでのご相談は無料で承っております。
ご相談・お問い合わせはこちら
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.