不動産購入・売却のお役立ち記事・ブログ
050-5264-0896
面談予約
>中古マンション購入、売主物件と仲介物件は何が違う?

中古マンション購入、売主物件と仲介物件は何が違う?

2019.09.10

中古マンションの情報を見ていると、取引様態が「売主」のマンションと「仲介」のマンションがあるのに気がつきませんか。マンションを探すとなると、どちらかというと費用や間取り、立地などが重要視されますが、取引様態が違うとどのように変わるのか、あまり考えずに選ぶ人も多いのではないでしょうか。

もちろん気に入ったマンションがあれば取引様態がどちらであろうと気にせず購入するのがいいですが、取引様態が違うとどのような違いがでてくるのでしょうか。

取引様態の違いは何?

中古マンションが売られる際、よくあるのが個人で持っていたマンションを手放すことになり、売却、という流れではないでしょうか。ずっと住むつもりで購入したけど、家族構成が変わったり、仕事で転勤になったりして引っ越さなければならなくなると、住んでいるマンションは売却することになります。

しかし個人で買い手を見つけるのは大変ですし、手続きなど自分たちでやろうと思うと負担が大きくなります。そこで、不動産会社に仲介をしてもらい、マンション売却をサポートしてもらいます。

このように、不動産会社が間に入って仲介しているマンションは、取引様態が「仲介」となっています。

 

対して「売主」となっている中古マンションは、仲介業者がおらず、直接売主と取引をすることになります。個人というよりは、不動産会社が自社で持っている中古マンションを販売していることが多いです。

 

つまり、大きな違いは仲介業者が入っているかいないかということになります。

仲介業者が入らないメリットとデメリット

では、仲介業者が入らないことによるメリットとデメリットにはそれぞれどんなことがあるのでしょうか。

仲介業者が入らないメリット

メリットとしては、仲介手数料がかからないということです。

中古マンションの購入において、仲介手数料はだいたい購入価格×3%+6万円がかかることになります。3,000万円のマンションなら96万円、5,000万円のマンションなら156万円が仲介手数料としてかかります。


しかし仲介業者が入らないということは、この仲介手数料がかからないので、その分初期費用が安くなるということです。

中古マンションを購入する際、他にもローン事務手数料や登記費用などの初期費用がかかります。引っ越し費用もかかりますし、新しく家具や家電を購入する場合、その費用もかかります。そのため、初期費用は少しでも安いほうが嬉しいですよね。

購入価格が高くなるほど仲介手数料も高くなるので、仲介手数料がかからないというのは魅力的です。

仲介業者が入らないデメリット

デメリットとしては、仲介業者がいないことで、値引き交渉などの交渉が難しかったり、契約の際に不利な条件で契約を結ばされる場合があるということです。

相手は不動産会社ですから、プロです。相手にとって有利な条件や、こちらが不利な条件がどんなものか、よく分かっています。仲介業者がいればそれも仲介業者が制御してくれますが、プロ対素人では、どうしても甘く見られてしまいます。

後になって、こんなはずではなかった、向こうが負担してくれると思っていたらこちらの負担になっていた、ということも起こり得ます。

売主物件と仲介物件、どちらがおすすめ?

ではメリットとデメリットを考慮した時、どちらの中古マンションがおすすめでしょうか。

もし初めて中古マンションを購入する方や、不動産のことにあまり詳しくない方は、仲介手数料はかかりますが、仲介物件のほうがおすすめです。

仲介手数料がかかったとしても、値引き交渉もしてもらえますし、後から手数料など、こちら負担になっていた、ということもありません。雑に扱われたり甘く見られることによるストレスもないですし、希望を伝えやすいので、精神的にもラクです。


逆に、不動産に詳しい場合や、中古マンション購入の流れをよく分かっている場合は、売主物件のほうが安く済むので売主物件がいいでしょう。ただ、不利な条件で契約を結ばされたり、諸経費などの手数料をどちらが負担するかなど、しっかり話し合えるわけでないなら、多少詳しくても仲介物件のほうがおすすめです。

やり取りする時間や手間もとられるので、安心して取引したい、あまり時間や労力をかけられない、という人も仲介物件がいいでしょう。

まとめ

中古マンションの取引様態には、仲介と売主があります。

大きな違いは不動産会社が仲介に入ってくれるかどうかですが、仲介に入ってもらうことで仲介手数料がかかるというデメリットがあります。ただ、値引き交渉してもらえたり、直接交渉する手間やストレスがないうえ、こちらに不利な条件で契約を進められるという心配もなくなります。

初めて中古マンションを購入する方や、不動産に詳しくない方は、仲介手数料がかかっても仲介物件のほうがおすすめです。

不動産の購入に関する疑問やお悩みをお気軽にご相談ください
ホンネの不動産相談所は、不動産業界で業務経験をしたことのあるプロのアドバイザーが中立・公正な立場からお客様の相談をうけ、不動産に関するアドバイス、コンサルティングサポートを行うサービスです。電話・メールでのご相談は無料で承っております。
ご相談・お問い合わせはこちら
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.