不動産購入・売却のお役立ち記事・ブログ
050-5264-0896
面談予約
>築30年を過ぎたマンションでも借り手はいるのですか?

築30年を過ぎたマンションでも借り手はいるのですか?

2019.10.28

質問内容


マンション投資をしたいと思っていますが、購入後、築30年、40年と経つにつれて、借り手が見つからなくなるのではないか、という不安があります。賃貸物件を探している人にとって、築浅のマンションが魅力的なのは分かっていますが、マンション投資をするとなると、いずれは築30年、40年になる日が来ます。

やっと不動産投資ローンが払い終わったのに、築年数が経って借り手が見つからない、ということにならないか不安です。築年数が経っても空室にしないためにはどうしたらいいでしょうか。


回答

 

築30年、40年と経っても、借り手がすぐに見つかるマンションはたくさんあります。一方で、築年数30年でも全然借り手が見つからない、というマンションもあります。その違いはどういったところに出るのでしょうか。

築年数が経っても借り手が見つかりやすいマンションというのは、


  • 立地がいい
  • 管理がしっかり行き届いている


という条件を満たしているマンションです。

 

少し古くても、立地がいいマンションというのは人気があります。特に、都心部の人気エリアでは、新築マンションや築浅マンションは高くて住めない、少し古くてもいいから便利なエリアに住みたい、という人が多いため、古くても借り手が見つかりやすいです。逆に、郊外や地方で駅からも遠い、周りにコンビニやスーパーなど何もない、といったエリアでは、築年数が経つと借り手が見つかりにくくなります。


また、管理がしっかり行き届いているということも、重要になってきます。きちんと修繕を繰り返している物件というのは、築年数が経っていても住みやすいマンションです。多少外観などは古く見えるかもしれませんが、生活する上で気になりやすい水回りなど、きちんとメンテナンスされていれば十分魅力的なマンションになります。


マンションを購入する前は、過去の修繕履歴や、これからの修繕計画をしっかり確認するようにしましょう。また、修繕積立金がしっかり貯まっているかも重要です。修繕積立金が不足していると、修繕がされなかったり、修繕前に別途請求されることもあります。そうならないためにも、きちんと確認しておきましょう。

 

ということで、築30年を過ぎても借り手が見つかるかどうかは、立地と管理によって変わってきます。マンション選びを間違えなければ、十分人気を保つことができるので、マンション選びは慎重に行いましょう。

不動産の投資に関する疑問やお悩みをお気軽にご相談ください
ホンネの不動産相談所は、不動産業界で業務経験をしたことのあるプロのアドバイザーが中立・公正な立場からお客様の相談をうけ、不動産に関するアドバイス、コンサルティングサポートを行うサービスです。電話・メールでのご相談は無料で承っております。
ご相談・お問い合わせはこちら
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.