不動産購入・売却のお役立ち記事・ブログ
050-5264-0896
面談予約
>契約時の見積金額を超えることはありますか?

契約時の見積金額を超えることはありますか?

2019.10.29

質問内容


契約時に見積金額を見せてもらっていますが、実際にリフォームが終わってみたら、その見積金額を超えてしまっているということはありますか。予算にあまり余裕がないので、もし見積金額を超えてしまうようなことがあるとちょっと困ります…


回答

 

契約時の内容からプラスで追加工事をしたり、変更点があった場合は、契約時の見積金額を超えてしまう場合があります。もし追加したい項目があったり、変更したいことが途中で出てきた場合、その都度費用を聞くようにしましょう。


リフォームが始まると、「もっとこうしたい!」という欲が出てきやすいですが、最終的に見積金額を超えて何となく不満の残るリフォームになってしまっては悲しいですよね。そうならないためにも、何か変更点がある場合は都度見積をもらうようにしましょう。


また、床や壁のリフォームなど、解体してみたら思っていた以上に老朽化していて、補修工事が必要になる場合もあります。こればかりは解体してみないと分からない、ということもありますが、そういった事例は、リフォーム業者ならある程度予測することができます。よくある事例と、その場合はどのくらい追加費用がかかるか、ということは事前に聞くようにしておくと安心です。


ということで、追加工事を依頼したり、途中で変更しない限り基本的に見積金額を超えることはありませんが、補修工事が必要になった場合は追加費用がかかる可能性があるので、しっかり事前に説明を受けておき、納得できたら依頼するようにしましょう。

リフォーム・リノベーションに関する疑問やお悩みをお気軽にご相談ください
ホンネの不動産相談所は、不動産業界で業務経験をしたことのあるプロのアドバイザーが中立・公正な立場からお客様の相談をうけ、不動産に関するアドバイス、コンサルティングサポートを行うサービスです。電話・メールでのご相談は無料で承っております。
ご相談・お問い合わせはこちら
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.