ホンネの不動産相談所 - 購入・売却の悩みを無料でネットで解決
050-5264-0896
面談予約
>不動産売却のコツと注意点
不動産売却のコツと注意点まとめ
不動産売却のお悩みはありませんか?
ホンネの不動産相談所では、ユーザーの皆さまが気になる不動産売却に関する疑問に宅地建物取引士などの不動産の専門家がQ&A、コラム形式で回答しています。
不動産売却におけるコツと注意点を頭に入れて、豊かな暮らしを実現しましょう。
専門家に聞いてみたいことがありましたら、こちらより、お気軽にご連絡下さい。
Q&A
Q
マンションに住みながら売却活動をすることはできますか?
マンションを売却したいと思っていますが、新しいマンションを探して先に引っ越してしまうと、そこの家賃と今のマンションのローンが二重払いになってしまうので、生活がきつくなってしまいます。できれば今のマンションに住みながら売却活動をして、売却が決まってからいいタイミングで引っ越ししたいのですが、可能でしょうか。
回答を見る
Q
マンションを少しでも高く売却するにはどうしたらいいでしょうか?
マンションを売却することになったのですが、住み替えて新しいマンションを購入するため、少しでも高く売却して新しいマンションの購入費用に充てたいと思っています。限界があるとは思いますが、少しでも高く売るためには何か気をつけたらいいことはありますか。
回答を見る
Q
マンションを早く売却するために、何かコツはありますか。
マンションを住み替える予定で、次の引っ越し先が既に決まっています。新しいマンションのローンもあるので、できるだけ早く今のマンションを売却したいと思っています。マンションが売れるまでだいたい3ヶ月~半年、長いとそれ以上と聞きましたが、少しでも早く売却するコツはありますか。
回答を見る
Q&Aをもっと見る(3件)
コラム
旧借地権付きの建物の売却方法と注意点
一般の不動産よりも知識が必要な借地権。今回は旧借地権付きの建物の売却方法、購入者から見たメリット、デメリット、借地権の相場や諸費用について解説していきます。
マンション売却前のリフォームは、損得どっち?
マンションを売却する際、リフォームをして少しでも高く売却できないか、と思う方も多いのではないでしょうか。最近はリフォームマンションやリノベーションマンションも流行っていますし、リフォームしてキレイな状態で内覧してもらったほうが印象もよく、買い手もつきやすいのではないか、と思いますよね。では実際のところ、売却前にリフォームすることで、マンションは高く売れて得するのでしょうか。
友人にマンションを売却するときも不動産業者の仲介を
マンションを売却しようとした時、中にはその話を聞いて友人から買いたいと提案されることもあるでしょう。しかし、友人に売却する場合、慎重に検討する必要があります。マンションの売買をしたがゆえに、友人関係が壊れてしまったというケースも少なくありません。では、友人にマンションを売却しないほうがいい理由としては、どんなことが挙げられるのでしょうか。
コラムをもっと見る(41件)
不動産のプロに聞いてみたい
ことを教えてください。
※回答を保証するものではございません
質問をする
PAGE TOP
© HONNENOFUDOSANSOUDANSHO All RIGHT RESERVED.